支援する

寄付のお願い

マザーレイクフォーラムは、農林漁業者・企業・NPO・行政・研究者など、さまざまな立場の人たちで構成されるネットワーク組織で、びわ湖やびわ湖とつながる人びとの暮らしをよりよくするための活動の一環として、この「びわ湖との約束」キャンペーンを実施しています。

県もマザーレイクフォーラムの一構成員としてこの取組に参画していますが、行政以外のスタッフ・関係者も多数おり、取組の効果的・持続的な運営をしていくには、県からの補助・委託以外の資金が必要です。

これまでも、マザーレイクフォーラムに対して毎年複数の団体・事業者・個人等からご寄付をいただいており、より多くの人が主体的にびわ湖とつながるためのしくみづくりなどの事業に活用させていただいておりますが、今年度は新型コロナウイルス感染症による経済状況の悪化やチャリティーイベントの中止などにより、寄付金収入が大幅に減少する見込みです。

  • マザーレイクフォーラムの寄付金について https://mlf.shiga.jp/donation
  • 寄付金を活用して実施している事業の一例
琵琶湖アローズ
母の日・父の日・びわ湖の日プロジェクト

もし、「びわ湖との約束」キャンペーンの主旨に賛同し、ご寄付をいただける方がおられましたら、お手数ですが、まずはお問合せフォームからご一報をお願いいたします。

なお、2020年度内にいただいた寄付金は、「びわ湖との約束」キャンペーン、および集められた「びわ湖との約束」を活用する取組に使用させていただき、もし残金が生じた場合は、新たなメンバー・新たな体制での再出発を予定している後継団体へ引き継ぎます。